本文へスキップ

 

プロフィールprofile

「コール メノーラ」は、現在も常任指揮者をつとめる手塚ナツ子が1983年に結成し、現在に至るまで
活動を続けている女声コーラスグループです。
毎年のように「全日本お母さんコーラス大会 関東大会」に出場するなど、合唱に対して真剣に向き
合う一方で、合唱未経験者にも発声から指導するなどフレンドリーな空気がコール・メノーラの特徴です。

指導者・ピアニスト

名 前 プロフィール
指揮・指導 手塚 ナツ子 東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。福島敬晃、奥田智重子、戸田敏子の各氏に師事。

在学中より宮川睦子指導のこんにゃく体操ゼミを経て、こんにゃく座の「うりこ姫とあまんじゃく」等に出演、卒業後、新人演奏会、新室内楽管弦楽団の定期演奏会、その他多くのステージで活躍。

合唱指揮としては、東京工業大学混声合唱団「コール・クライネス」のヴォイストレーナー、「上平井幼稚園ママコーラス」や「小田急児童合唱団」の指導を経て、現在、女声合唱「コール・メノーラ」、「柏少年少女合唱団」の常任指揮者、ヴォーカル・アンサンブル「DOLCE」を指導。ムジカハウスN主宰。

2013年には女声合唱「コール・メノーラ」を率いて大阪フェスティバルホールで開催された「全日本おかあさんコーラス大会」全国大会に出場。同年「柏少年少女合唱団」も、「全日本こどもコーラスフェスティバル」全国大会に出場。
平成27年6月柏市文化振興審議会委員就任。


ピアニスト    
梶木 良子
 
東京都立芸術高等学校(現 東京都立総合芸術高等学校)音楽科卒業。
桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。
洗足学園音楽大学大学院修了。
第7回ヤングアーティストピアノコンクール金賞及び最優秀賞受賞。
第28回茨城県新人演奏会最優秀新人賞受賞。
PTNAピアノコンペティションデュオ特級部門入選。
第15回吹田音楽コンクール第1位。
関西フィルハーモニー管弦楽団と協演。
銀座 王子ホールにてソロリサイタル開催。
佐渡裕指揮「サントリー1万人の第九」、国技館「5000人の第九」伴奏ピアニストを務める。
 これまでに吉田真理子、小島早苗、高良芳江、二宮裕子、北島公彦の各氏に師事。
全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。取手市音楽科協会会員。
洗足学園音楽大学ピアノ科 准教授。



女声合唱「コール・メノーラ」 パート紹介


 2011/7 ”全日本お母さんコーラス関東支部大会” 於宇都宮 ポーズでパート写真を撮りました

ソプラノ

透明感のある、美しい声が合唱をリードします

そして、一番若いパートです。
メンバーが少し変わりました。
   メゾ−1 

少々引き気味のメンバーがそろいました。

そこを締めるのが、ペースメーカーのTOPとアンカー

充実しています。
   メゾ−2 

この中にメノーラの誕生日と同じだけ在籍の
頼りになる方がいるのです
    アルト 

コーラスを支えるのは、やはりアルト、でも支えてくれているのは歌だけではありません




通常練習の様子です


指導者を中心にまず、こんにゃく体操からスタートです。
体をほぐし、十分に体が温まるまで時間をかけています。


次に、丁寧な発声練習が始まります。
姿勢や、表情まで注意して声を出しましょう。

  








その後、ピアニストの巧みな演奏に合わせた歌の練習です。

お問い合わせ・連絡先

Mail :こちらへ

指導者 手塚 ナツ子
TEL  04-7132-5609

代表 山崎 和美

TEL  090 6478 7151